金融取引

金融取引で大事なことは、情報をしっかり仕入れることです。

タイミングによっては、相当な損失が計上されてしまい、ロスカットによって全てを失ってしまうこともあるからです。

金融取引では、色々な経済指標を確認することが大事になります。

経済指標の数字が悪いと、大幅に変動するようになってしまい、一気に下がり始めるような状態が生まれます。

円高になってしまうと、稼ぐことがかなり難しいので、その対策を進めておくことが大事です。

長期間でのオプション売買も可能

アメリカの株券オプションLEAPS

オプションは基本的に短い期間の間で売買取引されますが、比較的長い時間をかけて取引できるオプションがあることはあまり知られていません。
それにあたるのが、「LEAPS」と呼ばれる米国の株券オプションです。「LEAPS」とは、Long-term Equity Anticipation Securitiesのそれぞれ頭文字をとった略称です。
一言で言えば普通のオプションと何ら変わりはありません。
通常短期間での売買が基本のオプション取引ですが、このLEAPSでは満期までの期間が長いのが特徴です。LEAPSと呼ばれるオプションは残存期間が9ヶ月以上あるものを示しています。

米国の株券オプションは、約2200以上もの多くの企業銘柄の取引が可能となっています。また市場での取引も活発です。
その中でもLEAPSで売買取引ができる対象の株券オプションも500種類以上と豊富なのも魅力的です。
米国の有名企業、誰もが名前を知っているような企業で言えばマイクロソフトや、マクドナルド、GM(ジェネラル・モーターズ)といったところも取引対象銘柄です。
多くのトレーダーへ、LEAPSの可能性
オプション取引といえばだいたい数日間での取引期間、最大でも3ヶ月程度の期間が対象となっています。

短い期間という点にはもちろんメリットもありますが、そのメリットを活かすためにはオプションがどういうものなのか、仕組みを理解し深い知識を持っていないと成功しないものです。売買における戦略をどう立てればよいか、どのタイミングで権利行使すべきかなどのプラン立てが重要となります。
ですので、短期間の取引に集中することが難しい投資家にとってはなかなか難しい投資対象というイメージもあります。

そういった面も含めて通常のオプション取引とLEAPSを比較してみると、LEAPSに関してはそこまで時間を割かなくても良い上に、難しいことを全て覚えなくてはならないといったことは少なくなります。
何故なら感覚的に言えば株式投資と同様の取引となるからです。これから先、成長しそうな企業を見出しLEAPSで取引を行えばよいからです。
満期までだいたい1年から2年の対象株であるプット・オプションを売るという方法です。
もちろんコール・オプションを買うことも可能ですが、売りの方が利益をあげる確率が高くなるので、こちらをお勧めします。


株式投資よりもLEAPSの方がよい理由として

少額の投資資金でできる。
高確率で利益を得られる。
最小限のリスクに抑えられる。

などがあります。


利益率の高さに注目

実際にLEAPSは、限られた短い時間内にトレードを何度も行ってどんどん稼ぎたい!というトレーダーには向いていないかもしれません。しかし長期間を対象にして投資資金を大きくしていきたい、という考えで取引したい方にとっては大変お勧めな投資対象です。
年間、投資した資金に対して約5割以上の利益を獲得することも、方法によっては可能なのです。もちろんリスク管理は更に気をつける必要はありますが。

オプション取引を始めるにあたり、ボラリティ、デルタといった小難しいことを勉強しなければならないとなると、どうしても遠のいてしまいますがLEAPSならそういったことも必要に迫られません。
LEAPSにおいて注目すべき点とは、「今後大きく下降するような企業ではない」「成長しそうな企業かもしれない」というような株をうまく選び抜くことです。そして長期のプット

・オプションであるLEAPSを売ればいいわけです。

簡単とは言っても株価が大暴落するということもあり得るかもしれません。しかしその場合でも株を持っていることになるだけですから、その後戦略を立て直してカバード・コールを売るといったことも可能です。
もう既にオプションについてある程度の知識を持っている方なら、それこそ簡単にLEAPSの取引について理解できるはずです。
LEAPSは、今後の投資対象の一つとして検討する価値は大いにあります。