金融取引

金融取引で大事なことは、情報をしっかり仕入れることです。

タイミングによっては、相当な損失が計上されてしまい、ロスカットによって全てを失ってしまうこともあるからです。

金融取引では、色々な経済指標を確認することが大事になります。

経済指標の数字が悪いと、大幅に変動するようになってしまい、一気に下がり始めるような状態が生まれます。

円高になってしまうと、稼ぐことがかなり難しいので、その対策を進めておくことが大事です。

海外から出金する場合は時間がかかることを前提に

国内だけでなく海外にも数多くの業者がバイナリーオプションを取り扱っていますが、出金については業者によって大きく違いが見られます。
国内での出金については手続きに手間もかからず簡単に行うことができます。インターネットを通じてサイト上から出金の依頼手続きをすれば、自分が指定した口座に入金されます。早くて即日、遅くても翌日までには振り込まれるのでスピーディです。
また手数料に関しては業者負担となっているため、例えば1万円の出金依頼ならそこから手数料が引かれるというようなこともなく、丸々1万円が口座に振り込まれることになります。
これが海外となると事情が変わってきます。

まず海外となると国内のようにスムーズにはいきません。外国為替送金という形で出金することになるので、もちろん手数料が必要となりますし、振り込まれる側の国においてもその銀行口座にお金を付け替える必要が出てきます。そこでまた手数料がかかります。
こういった手数料などのコストをユーザーが負担するとなると、5千円以上かかってしまうこともあるため、かなりなコスト負担となります。
1万円を出金するのでも、このコストから言えば日本の口座に戻ってくるのは当初出金額の半分程度の5千円になってしまうことさえあるのです。
同じ1万円の出金依頼でも国内業者とは違って、海外の場合手数料などのコストが引かれて結局は半分の5千円程度しか振り込まれなかった、ということもあるわけです。
そのため小出しに出金するとコストだけがかさんでしまい、結局損してしまうようなことにもなります。現実問題、その点が国内と海外業者での大きな違いです。

最悪の場合、依頼をかけてから国内の銀行口座まで到着するのに1ヶ月以上の時間がかかってしまうこともあり、そう簡単に引き出すことができないケースもあるため、事前に確認しておく必要があります。
海外からの出金に関しては時間の余裕をみて行わないと、後で困ることになるので注意です。
このような点から見ると、海外バイナリーオプションをするなら、投資資金に余裕があることが前提です。あまりに少額の投資予算で行う取引には向いていないと言えるかもしれません。
依頼したのに出金されないというようなトラブルは少なくなっていますが、時間の問題だけはどうにも避けられないと考えておくべきでしょう。


有利になる点と不利になる点は?

バイナリーオプションのメリットとデメリットとは何でしょうか。簡単にまとめておきたいと思います。
まずバイナリーオプションには以下のようなメリットが挙げられます。


・ルールがシンプル、短い時間で取引が完了できる

簡単に言えば「上」か「下」を予想する二者択一の取引で、勝率は五分五分です。
ですので投資に必要な難しい知識などは必要ないとも言えます。(もちろん知っておいた方がより利益につながりますが) 難しいことを知らなくても利益を出す可能性がある、これがバイナリーオプションの魅力です。
そして取引時間が短いので、長くても24時間以内に結果を知ることができます。ポジション決済を自分でタイミングを計る必要がないので、メンタル面でも軽い気持ちで取引することが可能です。気負わなくてすむのは嬉しいメリットです。


・低いリスク、少ないトラブル、損失は最初から限定される

株式投資、FXではリスクを常に自分でコントロールしなければなりませんし、取引の仕方によっては大きな損失を出してしまうこともあります。それに比べてバイナリーオプションではリスクは最小限で済みます。
取引を始めた時点で、得られる利益と失う損失の額がすべて把握できるからです。どんなに素人でも最初にこの部分がわかっていれば、安心して取引に望めます。


・大きなリターンも期待できる

業者によっても違いがありますが、たったのワンコインで取引できるというところもあります。
少額投資でもリターンが大きくなる取引を実現できるのも、バイナリーオプションの人気理由なのです。
予想が当たればペイアウト率に応じて、約2倍の利益を得ることができます。
ではデメリットについても以下に挙げていきます。


・負ける確率も半分、短時間取引で負けがかさむことも

ルールがいくら簡単だからといっても、バイナリーオプションは投資の一つですのでリスクが皆無ということはありません。
勝率が五分五分ということは、負ける確率も五分、それは50%を割ってしまうと儲けが出ないということを意味しています。
また短時間で結果が出るため、一日の取引回数は自然と増えていくことでしょうから、損失を出してしまうと、それを取り戻そうとして何度もチャレンジするはずです。しかし負けがかさんでどんどん資金をつぎ込んでしまうということにもなりかねません。


・勝率5割以下なら利益はなし

取引を始める時点で最大損失額と、最大利益額が決まっているので、小さく負けて大勝するというようなことができません。勝率が5割以上にならないと結局は利益が出ないという仕組みなので、それを達せられる戦略を立てることは必須なのです。